歯を健康に保つための歯科選び|診療科目について学ぶ

インプラント治療の概要

インプラント

インプラントというのは、歯の病気や何らかのトラブルによって歯がなくなってしまったときに用いられる治療法です。インプラントは、根元にあたるインプラントと、歯冠となる人工歯の上部構造、そしてインプラントと上部構造の二つをつなげるアバットメントという3つの部品で成り立っています。インプラントの特徴としては、顎の骨にしっかりと埋め込むことで、本来の自分の歯と変わらない感覚で物を食べることができるということです。見た目も自分の歯と同じように再生できます。インプラントは「チタン」という素材でできており、金属アレルギーを引き起こしにくいということと、鋼鉄よりも強度があるという利点があります。歯科医療の現場だけでなく心臓のペースメーカーや人工関節にも用いられるほどしっかりとした素材を使っているのです。インプラントはきちんとメンテナンスしていれば、半永久的に持続するものです。

歯科での歯の治療は保険が適用されることが多いと思います。しかし、歯科でインプラント治療となるとそうはいきません。歯科でのインプラント治療は保険の対象にならない場合がほとんどなので、全額自己負担しなければいけません。費用の相場は、各地域ごとに異なっています。全国的にみると、安くて1本20万ほどで高いところだと60万かかるところもあります。しかし、場合によっては保険が適用されることもあります。事故などで歯と顎の骨の広い範囲がなくなってしまった時には保険適用となるのです。

Copyright © 2016 歯を健康に保つための歯科選び|診療科目について学ぶ All Rights Reserved.