歯を健康に保つための歯科選び|診療科目について学ぶ

差し歯と比べた時の違い

歯科インプラント

インプラントと差し歯は見た目がほとんど同じなので、何が違うのか分からないという人は多いのではないでしょうか。そこで、インプラントと差し歯の違いについて詳しく書いてみたいと思います。まず、インプラントとは歯を根元から全て失ってしまった場合の治療で、差し歯は歯の根が残っているときに行われる治療という違いがあります。インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工歯を被せます。アレルギー反応が出にくい素材が使われているので、金属アレルギーの人も比較的安全に治療することができます。
一方差し歯は、残った歯の根をそのまま土台として使い、その上に被せ物をします。銀や銅などの金属を歯の中に入れなければならないので、体に金属が漏れだした時にアレルギーを引き起こす人がいます。そのため、最近では極力金属を使わないようにしています。
インプラントだと、しっかりと顎の骨に固定された状態のため、自分の歯のような感覚で硬い食べ物も噛むことができます。差し歯だと歯の根がまだ残っているので、それがクッションのようになり、噛んだ時に違和感があります。気にせず物を食べたいということであれば、インプラントが最適でしょう。インプラント治療は新宿の歯科でできます。難しい治療なので、信頼のおける新宿の歯科を探すようにしましょう。新宿にはインプラント治療の名医がたくさんいるので、新宿の歯科のランキングサイトや口コミを参考にしてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2016 歯を健康に保つための歯科選び|診療科目について学ぶ All Rights Reserved.