歯を健康に保つための歯科選び|診療科目について学ぶ

歯周病にならない為の対策

院内

歯周病という病気は歯を支えている骨が溶けていく恐ろしい病気です。自覚症状がないため気づきにくく、気づいた時には手遅れになってしまう場合があるのです。30歳を過ぎた成人の8割は歯周病にかかっているという驚くべきデータもあります。最悪歯を失ってしまう可能性もあるので、歯周病予防は積極的に行なうようにしましょう。まず、歯周病というのは歯垢の溜まりやすい歯間の歯茎から進行していきます。歯と歯の間には隙間があるため、どうしても汚れがたくさん溜まってしまいます。これは、デンタルフロスで対処しましょう。海外、とくに欧米ではデンタルフロスは当たり前のように行われています。しかし日本ではそれほどデンタルフロスをする習慣が身についていないので、歯と歯の間を綺麗にする習慣をつけると良いでしょう。また、年に数回歯石を除去するようにしましょう。歯石があると、そこに歯周病菌が集まり歯周病の進行を早めてしまいます。歯石は自分で除去することができないため、定期的に堺市の歯医者で除去してもらいましょう。堺市にある歯科では歯石の除去だけでなく、歯磨きの磨き残しがあれば教えてくれるので、口内環境を清潔に保つためにも歯医者に行くようにするといいでしょう。また、堺市の歯科には歯周病の専門医がいるクリニックもあります。堺市で歯周病の治療をしたい人や、予防方法が知りたい人は、そういったクリニックを探してみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2016 歯を健康に保つための歯科選び|診療科目について学ぶ All Rights Reserved.